2017年02月26日

2017年2月26日(日)営業時間変更のおしらせ

2017年2月26日(日)営業時間変更臨時休園のおしらせ(2/16更新)
2月26日(日)は天文台都合により、臨時休園とさせていただきます。車両の入場はできません。

25日(土)夜は観望会のみでキャンプ場宿泊や研修室(和室)夜間利用もできなくなります。勝手をお詫びします。

次の金曜日、3月3日(金)15時からは予定通り営業します。
3月以降は観望会の時間が19時〜22時になります。

3月4日(土)は無料観望会を予定しています。

今後とも竜天天文台をよろしくお願いします。

2月26日(日)は、スタッフの都合により、午後、13時から開館します。午前中は天文台の建物が閉まっています。
天文台でのスタンプラリーが最終日ですが、営業時間変更のため13時まではスタンプを押すことができません、十分ご注意ください。

2月25日(土)夜のキャンプ場利用と研修室(和室)夜間利用を予定している方は恐れ入りますが予約時にスタッフとよくご相談くださるか、別の日に予定を変更していただきますようお願いします。
posted by 竜天天文台公園 at 17:59| 行事案内

2017年02月19日

★昼間の金星観望会★ 2/19(日)

Venus_SaidaiKoudo_text.jpgまさにこの日に「最大光度」を迎える金星を、青空の中で探してみましょう。 もし、見つけられなくても、自動導入の望遠鏡で観察できます。分かりにくいため、天文台にある自動導入ができる40cm望遠鏡の力を借りつつ、まずは直接、青空を見上げてみましょう。 白い小さな点が見えます。

金星最大光度:おおざっぱに言えば、金星が昼空でも肉眼で見える明るさ(マイナス4等級以上)になる位置にくることで,だいたい前後一週間はこの明るさを保つといわれています。
 青空の中で見えるかどうかは、金星の明るさや気象条件のほか、個人差があります。薄い雲があると分かりにくくなります。
見つからなくてもがっかりしないでくださいね。
さがすときは太陽を目に入れないよう十分ご注意ください(ただし、このころ、太陽を見てしまうほどの近くには金星はいません)。天文台ではドームスリットの中から安全に行います。 

日陰に入って空を見上げれば、太陽を見ることはありません。安全に観察しましょう。

2/19(日) 14時〜16時 予約不要・無料
天文台公園3Fドーム 悪天時は望遠鏡のご案内だけ行います(雨天でも実施)
もちもの:防寒対策
学校の授業や、自動車の運転に、メガネやコンタクトレンズが必要な方は持ってきて(付けてきて)ください。 
posted by 竜天天文台公園 at 14:00| 行事案内

2017年02月16日

公式ウェブサイト文字化け発生のお詫び[解消・2/16午後更新]

本日、2017年2月16日午前11時20分ころ?〜16時50分ころまでの間、竜天天文台公園公式ウェブサイトトップページ http://ryuten-tenmondai.info/index.html が文字化けにより、半角英数字以外が読めない状態でした。
ご利用・ご訪問くださった皆様にはご迷惑をおかけしましたことをお詫び申し上げます。

原因はコンピューターウイルスなどではなく、午前11時20分に書き直したファイルを再度アップロードした際、ファイル転送ソフトで文字コードの設定を誤った設定にしていたためと考えています。

サーバーのファイルは念のため改めて最新のアンチウィルスソフトでスキャンしましたが問題ありませんでした。

通常はアップロード後、確認をしていますが、それを忘れていたため復旧に半日もかかりました。失礼いたしました。


なお、アクセスしてもまだ文字化けが残っている場合は [Ctrl] + [F5] で強制リロードしてください。
posted by 竜天天文台公園 at 17:11| 行事案内
新着情報(本家サイト)にもどる 竜天天文台公園トップへ