2018年07月06日

クマ情報と天文台の対応

2018年7月3日(火)、赤磐市・旧吉井町エリア北部に位置する、草生(くそう)と黒本(くろもと)にて、翌日4日(水)には天文台の東となりの集落である戸津野(とつの)にて、それぞれツキノワグマが目撃されました。
山陽新聞「さんデジ」記事 http://www.sanyonews.jp/article/744590/1/?rct=akaiwashi

これからレジャーシーズンを迎えますが、市や県によって安全と判断されるまで、キャンプ場の予約や利用をご遠慮いただきます。
天体観望会は予定通り実施します。ただし、天文台までは徒歩等ではなく、自動車でお越しください(駐車場は無料)。


昼夜を問わず、携帯ラジオや鈴、クマ撃退スプレーなどを携行してください。
茂みには入らないでください(クマのほかマムシの危険もあります)。

夜間の移動は自動車を利用してください。


夜間に行う特別観望会のうち、7/28(金)早朝の「皆既月食観望会」、8月お盆の「ペルセウス座流星群観測会」は中止も検討しています(決定しだい追って発表します)。


また、竜天天文台公園が閉館している夜間に天文台公園構内や周辺で天体観測をされている方へ
安全のため当分の間ご遠慮くださいますようお願い申し上げます。
posted by 竜天天文台公園 at 18:08| その他
新着情報(本家サイト)にもどる 竜天天文台公園トップへ